筋肉増強!ファーミアマッスルの成分とは?

ファーミアマッスルの気になる成分とは?どうしてムキムキになるの? - ファーミアマッスルに入っているナイアシンの働き

アーカイブ

ファーミアマッスルに入っているナイアシンの働き

ファーミアマッスルといえば、ハマビシやコロストラムなどに注目が集まっています。
しかしながら、この二つの成分だけを配合しているわけではありません。
ファーミアマッスルに配合されている成分の中には、ナイアシンが含まれています。
ここでは、このナイアシンにスポットを当てて紹介していきましょう。

ナイアシンの働きって?

ファーミアマッスルに配合されているナイアシンとは何なのでしょうか。
ナイアシンというのは、ニコチン酸アミドやニコチン酸の総称になります。
簡単に言ってしまうと、脂質や糖質をエネルギー変換する時に働く補酵素の役割を担っています。
ナイアシンは、体に入ってきた栄養素から水素を抜き取ってNADというものに変化します。
そしてこの水素をミトコンドリアへと送り込むという重要な役割を担っています。
この作業をしている間にエネルギーが生成されることになり、このエネルギーが体を動かす源になるのです。

細マッチョになるためには必須

ファーミアマッスルは、単純な筋肥大を促進させるサプリメントではありません。
そうではなく、脂肪を燃やしつつ、筋肉もつける。
これを実現させるためには、テストステロンの分泌促進をさせるハマビシだけでは不可能です。
ただただ筋肉量を増やすだけでは、細マッチョな体になることは出来ません。
これだけでは脂肪を燃やすことが出来ないんですね。
そこでナイアシンの登場です。
脂質の代謝促進効果がありますから、トレーニングをすることによって、筋肉を成長させつつ、脂肪を燃やすといった効果が期待出来るわけです。
またアルコールの分解にも使われている成分ですから、よく二日酔いなどの予防目的などで販売されているサプリメントなどにも、多く含まれている成分として有名なのです。

関連する記事

Copyright(C)2016筋肉増強!ファーミアマッスルの成分とは?All Rights Reserved.